仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

「ピアノの森」とショパンに嵌まる  

pianonomori
大阪の地震、ちょうど子供たちを送り出して1時間ぐらい経った後に家を出るときに遭遇。阪神大震災の記憶があっという間に蘇りました。駅に行くも電車が不通で結果自宅待機&在宅勤務に。子供たちもLINEや学校からのメールで安否確認が出来て、電車もちょうど夕方に動き出したこともあり家族揃って家で無事です。でも明日からの余震(本震)がかなり心配。勤務地にいる時に大きな揺れがあったら、耐震&高層で恐ろしく揺れるだろうしなあ。会社に行くの緊張します。

閑話休題、ちょうど4月からNHK深夜アニメで放送ということで、前から興味のあったピアノ漫画「ピアノの森」、5月の連休中にTSUTAYA で一気借りして読んでから思いっきりハマってます。確か前に「4月は君の嘘」のこともエントリに書いた記憶があるけれど、のだめカンタービレも読んだけど音楽漫画では「ピアノの森」が一番好きかな。結局全巻大人買いして、私の蔵書に入れるつもり。

10数年の連載をもって完結というモーニングに連載されていた漫画ですが、不遇な生い立ちからショパンコンクールに挑む主人公とその師である挫折した名ピアニストとの関係や、他のコンテスタントの生い立ちや心の動きがとても丁寧に追ってあって、読み応えもあるし最後の伏線の回収っぷりに感動します。軒並み漫画のAMAZON評価もほぼどの巻も満点に近い。ショパンコンクールなので、ショパンの曲がごっそり出てくるのだけど、その演奏の表現も緻密で思わず聴きたくなるぐらい。

学生の頃は高校3年生までピアノを習い、中高ではオケでフルートを吹いていて今はバイオリンを亀の歩みで5年弱習っていることもあり、クラシック実は大好きなのです。ただ指が柔らかくないこともあり、あまりショパンは集中して弾かせてもらえず「幻想即興曲」から「革命」の触りを練習しておしまい。あとはドビュッシーやらリストやらベートーベンのソナタやらの方向で弾いていたし、私個人もそういう曲が好きでショパンはあまり好んで聴かなかった。でも改めてこの漫画を読んで、出てくるショパンの曲を聴くようになり今までのショパン嫌いはなんだったの?というぐらい嵌まってます。エチュードの10-1と25-12(大洋)が本当に好きで、10-1はアルペジオが完全に無理なので「大洋」のこっそり譜読み開始。息子は「雨だれ」を弾けるので、弾いていたら必ずリクエスト。

そしてこのタイミングで友人から誘ってもらったフジコ・ヘミングのコンサートが、まさにこの漫画のファイナルの舞台である「ショパンピアノ協奏曲1番」と「ラ・カンパネラ」だったりしたこともあり、久しぶりにフェスティバルホールで生オケ堪能してきました。席が前から5列目でピアノの手元が見える&スタインウェイのロゴが見えるというベストな席で、御年80歳の彼女がたまたま数日前の転倒の腕の痛みでなかなか指が回らないけれど、それを余りある情感でカバーするのは素晴らしかったです。席のせいもあるけどオケの「私のために弾いてくれています」サラウンド感も良かったなあ。

ああ、このままピアノも再開したいなあ。娘はたぶん続けないけれど息子のほうは大学受験が終わったらやはり続けたいみたいだしそれも密かに嬉しい。そしてアニメの「ピアノの森」はこれからショパン・コンクールに入るので見ごたえあります。アニメでは気鋭の若手ピアニストを登場人物ごとに登用していて、その登場人物の性格をうまく弾き分けていて演奏聴くだけで癒されます。個人的に好きな登場人物はクールなピアノを弾くパン・ウェイ。これから登場回数増えるはずだから楽しみ~。

Posted on 2018/06/19 Tue. 00:58 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

高校生は忙しい  

今週に梅田TSUTAYAで「ジェーン・スー」の講演会&FP相談というよくわからないセミナーがあって、
申し込んで行く気満々だったのですが、その日は息子高3の最後の体育祭の日だった。。。ということで、
優先は体育祭。高3なので役員のひとりとして運営のすそ野に参画していたから、2週間ほど受験勉強をしている姿を見ていないけどしょうがないね。無事晴れて多分人生で最後に参加する体育祭を楽しみました。娘の学校は平日でほとんど親は来てなさそうだから、これで終わり。次行くときは孫の運動会かな。。。
ということで、息子は日曜だけど体育祭運営部の打ち上げへ。貸し切り食べ放題って、高3男子ばっかりの食べ放題、受ける店側は一番利益少なそう。晩御飯はいらないことに。

娘は娘で高校の部活の先輩の送別パーティということで、前日からチョコや抹茶やバナナのパウンドケーキを5本焼いて日曜昼から出かけていきました。高校生充実しているけど忙しいなあ~。

そして親の私は適当に食事が2人になったときは手を抜きつつ、「ご飯作る」+「学費等お金を払う」のみのフェイズになってきたなあとしみじみ思います。これで大学に二人とも入ったらもう合宿スタイルで、晩御飯も当番制にしたいです。
知り合いがツイッターで「子供が高校生になったら、親はお金を出して、ご飯を食べさせて朝起こすだけ」と学校からも塾からも言われるとつぶやいていたけど本当にそういう感じですね。
月末はマネーフォワードのセミナーに出席する予定。

Posted on 2018/06/11 Mon. 11:24 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

新年度になり、近況報告  


ご無沙汰しております。

この数か月、ブログから離れておりました。とりあえず新年度になり近況報告から。

娘が無事高校生になりました。
 校風に憧れ早くから志望校として勉強を頑張ってきた娘、一般入試の前に特色選抜といってもう1チャンスプラスで受けられる機会があり、頑張るも面接や小論文重視ということで残念だった1か月後の本試験で無事志望校に合格しました。3月は卒業式あり、受験あり発表あり高校への召集ありで、私も会社を休んだりのイレギュラー日程でしたがようやく通常モードに落ち着いてきました。部活も運動部に入り、GWも早速市総体へ連日朝早くから出かけています。1時間ぐらいかかる遠距離通学となり、まだ慣れていないのと、文武両道の進学校なので勉強ついていけるかがちょっと心配。保育園から家族ぐるみで仲の良い家の幼馴染男子と仲良く通っていてお互い親も安心。
そしてダメ元で申請した某企業からの奨学金対象にも選ばれました。多分推測するにその時点の中学の校長先生が非常に良い方で教育委員会にもプッシュが大きかったかなと。返済不要の給付金とともに、3年間内での海外留学なんかも小論文等申請して成績含め通れば費用持ちで行かせてもらえるらしく夢を膨らませています。
親からしても女子高校生のこう、生き生きとした生活を追体験できて(何年前だ・・・)楽しい!

息子は大学受験生へ
中高一貫生だった息子、あっという間に大学受験生の高3へ。塾は自分のペースが乱れるからと自学を選び、友人と夜ぎりぎりまで学校に残り勉強を続けています。高2最終の成績は瞬間風速だと思われるけどかなり良く、志望校はだいたい絞れてきているけどまだ実戦の成績がよく分からないなあ。。。。亡くなったダンナと同じような道に進みそう。ダンナ喜ぶだろうなあ。今日も朝から模試に出かけています。

子供ふたりが高校生になると。。。
今までよりもっと時間の自由度が高くなりました。娘の週2の夜の塾迎えが終了し、夜ご飯も朝仕込んでいるので仕事も残業は出産前と同じような感じに。平日は夜8時過ぎに帰ってきてみんなで食卓を囲み、そのあとはそれぞれ子供たちは自室に戻るのでフリーな時間が!でも加齢による体力低下ですぐ寝てしまうんですよね。とほほ。土日は特に家族みんなで毎週どこかに出かけるフェイズは終了。なので土日暇~!今日も朝8時から夜7時までまったくのフリーです。バイオリンも再開し、あとはランニングを習慣化すべくこの1年の目標として優先順位を上げる予定。
もう子供たちも自立前、私も自分の目標を見つけていこう。

屋久島行ってきました。
3月末の3日間で子供たちと一緒に屋久島へ行ってきました。初めてのプロペラ機にドキドキしながら直行便で。往復22㎞10時間の結構ハードな山道トレッキングで縄文杉まで、お天気にも恵まれ樹齢数千年の巨木たちの間を縫って歩くのはなかなかサバイバルだけど楽しかった。次の日の白谷雲水峡は4時間のトレッキングで「もののけ姫」の苔むした森を堪能できました。子供たちが大きくなると名所旧跡を訪ねるのも楽しいけど、こういう旅行も躊躇なく楽しめていいな。息子も娘もネイチャー志向が高いので、とても楽しかったようです。娘はトトロの小さなぬいぐるみを持って行って記念撮影していましたよ。
到着後と帰宅の日にけっこうゆったりした時間があったので、ぶらぶらと歩いたり海岸で遊んだり。そういう旅行だからという目的のない時間も、子供たちが小さいときは当たり前にやっていたのだけど最近はご無沙汰。なかなか今の日常ではできないので新鮮で楽しい時間でした。写真はウィルソン株、切り株の空洞に入ってとある角度から写真を撮るとハート型になるという巨大な切り株です。やっぱり、旅行はいいね。

そして、資産管理
子供たちの習い事(ピアノ)がいったん休止、娘の塾終了、息子は勧めるも塾は拒否ということで「教育費」の項目が前年度より一挙に減った!息子の私学学費と娘の公立学費とそれぞれの交通費でそれなりにはかかっているけど、生活の固定費をかなり見直したので、月に手取りの4/1とボーナスをこの1年は貯蓄予定。まあ、でも多分大学受験の時に羽が生えた諭吉が大量に飛んでいくんだろうなあ~。リフォームも終了して家にかけるお金は終了、これからは10年弱教育費の支出が始まるタームにつき心してやっていきたいと思います。キャッシュフロー表を日々見ながら計画通りになるよう頑張ります。
観測気球的に少額買い付けを続行しているインデックス投資とIDECO、本当にいつの間にか積みあがってます。個人的にはお金の増減に関してはあまり感情が入らず記号っぽい認識の仕方で、そういう意味でのほったらかし投資って自分の性格に合っています。あと個別株で優待最大限活用目的で持っているイオンがこの1週間で爆上がり。企業体質的に黒字で立て直しの方向性だからかな。何はともあれ恩恵受けててありがたい~。

と長々と書き連ねてしまいましたが、またぼちぼち更新再開しますね。



Posted on 2018/04/29 Sun. 08:37 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

リフォーム後に返ってくるお金のまとめ  

kitsune

受験生娘の試験突入まで1か月。年が明けてさすがにいつ見ても勉強している状況になってきました。写真は娘が2学期の美術で書いたレタリング。保育園時代から作品は写真で残してきたけれど、高校生になったらこういうのはなくなりそうで寂しいです。志望校は現段階では「まず大丈夫」と言われているけれど、それでも心配なのが親ですねえ。しかしその次の年の息子の大学受験よりはもう少し落ち着いていられる感じです。大学受験は私の友人たちの子供さんが「センターの点で志望校変更か特攻か?」みたいなリアタイの状況で、来年その立場になると思うと今からお腹痛くなる・・・。

閑話休題、やっと会社の源泉徴収票が出てきたので住宅のエコリフォームの減税還付手続きと、ふるさと納税の還付手続きの確定申告書類を用意。3年目のふるさと納税は他に確定申告する案件があるからワンストップは使いませんでした。こちらはそれほど難しい手続きではないのでもう一つのリフォームで返ってくるお金に関して書いてみようと思います。ちなみにリフォームはスケルトンリフォームで、全室二重サッシのエコ対応。これからリフォームは需要が高くなるのに、自分が動いて還付される税金に関しては知らない人が多くて相談や書面の請求も少ない…とリフォーム会社さんが言っていたので覚書残しておきます。

住宅ストック循環支援事業

良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を目的とした補助金制度。このあたりの給付は結構コロコロ制度が変わるのですが、今回は上に書いた二重サッシ対応と、水回りを変えたことによる高断熱浴槽、節水トイレ等が該当しました。30万円を限度に助成されます。こちらは登録リフォーム業者が申請して受け取れるお金で、認定まで時間がかかりましたが12万程度が戻りました。大きい!

リフォーム投資型減税

住宅ローン減税は有名で私も知っていたのですが、ローンを組まずにリフォームする場合は「投資型減税」といい、自分が住む家屋について省エネリフォーム・バリアフリーリフォーム・耐震リフォームを実施した場合に所得税と住民税が減税されます。所得税については控除対象限度額200万を上限として10%の控除を受けることができます。必要なのは以下の書類です。
・源泉徴収書
・増改築工事証明書(リフォーム会社さんに出してもらう)
・登記事項証明書
・住民票の写し
・明細書(これは省エネリフォーム実施がわかるマンション施工平面図で良いと言われた)
他のリフォーム減税と組み合わせたり、太陽光発電を導入すると限度額が上がる等様々な減税が用意されています。
あと、固定資産税も同じような申告で1年限定で1/3が還付されるのですが、工事完了後3か月以内に申告しないとダメなので、知らないとそのままスルーしてしまう可能性がありますね。気をつけてください!
こちらでは試算では合わせて20万弱戻ってくる予定です。

すまい給付金

私はもともと住んでいるマンションをリフォームしたので対象ではないのですが、中古マンションをリフォームして購入の場合は適用できる補助です。消費税率引上げによる住宅取得者の負担を軽くするため創設された制度でl、消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。

いろいろありますね。。。やはり、「知らないと損をする」のは投資情報なんかと同じ。心してアンテナを高くあげなくちゃと思います。

Posted on 2018/01/21 Sun. 15:08 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

あけましておめでとうございます&インデックス投資オフ会参加しました。  

kyoikuhi

あけましておめでとうございます。今年1つ目の記事更新となりますcafeです。
去年前半はその前の年からの一連のダンナ死去の手続きの続きとリフォーム実施で終わり、後半はいろいろ前半が忙しすぎてそのカウンターというか、ぼーっと静かにのんびりと体と心を休めていた状態だったような。。。去年の1月に目標なんかをここでしたためていましたがやっぱり心が回復するのは計画通りにはいかないものだなあとしみじみ思いました。その休養期間があったこともあって少し元気になってきた気がします。

今年こそまず第1目標は「体のメンテナンス」、第2目標は細々と勉強&様子見していた「資産管理と形成」をきちんとやっていきたい。。。です。

さて、去年のこの時期に初めて参加させていただいた「インデックス投資オフ会」、今年も参加させていただきました。参加された方は以下のとおりです。場所は私の通勤経路にある高級イタリアンで4時間ぐらいのんびりおしゃべり、いつも通り投資話やそれ以外の話もてんこ盛りの楽しい会でした。

■ 菟道りんたろうさん: The Arts and Investment Studies
■ kenzさん: インデックス投資日記@川崎
■ くは72さん: 4+4=6でもない。8はパーなのだ。
■ ゴーヤーちゃんぷるさん: 沖縄の空からゴーヤーの独り言
■ リバモさん: インデックス投資関連の備忘録と趣味の旅行記
■ ピヨママさん: ピヨママの投資と家計と子育てと
■ ローズマリーさん: ローズマリーランド
■ K!naCo -きなこ-さん: @kinako
+わたくしcafeの9名です。

ローズマリーさんのアーリーリタイアのお話やら、沖縄のマンション価格の高騰の話やら、つみたてNISAか現状NISAかと相変わらずの盛沢山の内容でしたが、その中でちらっと話題に出した今私が直面している人生のハードル「教育費」に関して少し詳しく書いてみようと思います。

私の子供たちは高2、中3、上は中高一貫の私学で下は公立に在学。これから高校大学に二人が在籍するフェーズに入ってくるので、想定されるキャッシュフロ―表を作っています。「教育費が莫大にかかる」とよく言われているけれど、どのぐらいの期間で年にどういう金額の出費があるかを具体的に想定するためです。
私個人的に子供が生まれた年はそれほど遅くないかな...と思っていたけれど、こう見ると自分の老後の資産形成時期と言われる期間はけっこうがっつり教育費に持っていかれます。そしてふたりとも理系のためたぶん院まで行くだろうことを織り込む&自宅外の場合となると、「それなりの中古マンション買えるな」という金額がトータルで吹っ飛んじゃう訳ですね。あな恐ろしや。ここには浪人等のイレギュラー要素は入っていないのですよね。。。アメリカ等に比べたらまだ安い教育費なんだろうけれど、アメリカはその分就業したあと年収で回収できるからなあ。日本はどうなんでしょうか。

もちろん子供たちが生まれてから学費として積み立てているものはあるのですが、うまくこの期間に回していかないとなかなかハードな道行きです。この表にはその年に教育費として想定して入ってくるお金の欄も作ってあって、毎年の差し引きもイメージできるように作っていますが、一番お金がかかるパターンの場合60歳の段階でやっと出入りが整う。。。ってことは、あまりここで資産形成できないってことですね。

という訳でこの10年間という時間を有意義に使い、現時点で持っている資産を少しでも安定的に増やすという目的のためにインデックス投資を実施していきたいと考えています。この1年間ほんとうに少額で積立投資してきて、今年のリターンがとても良かったということもあって、現金で待機していたリスク資産、その観測気球を始めた頃に投資していれば。。。と悔やまれますが、きっと相場はそういう予測すら難しいものという学びもありました。資産は現金がまだ多く、暴落待ちと考えていましたが、やはり機械的にアセットアロケーションを守りつつ分けて投入するのが良いと考えて今年は実行します。

この1年で断捨離完了し、生活の固定費を削って整えその方面は完全に準備完了したので、今年は投資に関してより多くを学び、話題を多く記録していこうと思っています。よろしくお付き合いください。

Posted on 2018/01/03 Wed. 10:03 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請