仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ピアノの森」とショパンに嵌まる  

pianonomori
大阪の地震、ちょうど子供たちを送り出して1時間ぐらい経った後に家を出るときに遭遇。阪神大震災の記憶があっという間に蘇りました。駅に行くも電車が不通で結果自宅待機&在宅勤務に。子供たちもLINEや学校からのメールで安否確認が出来て、電車もちょうど夕方に動き出したこともあり家族揃って家で無事です。でも明日からの余震(本震)がかなり心配。勤務地にいる時に大きな揺れがあったら、耐震&高層で恐ろしく揺れるだろうしなあ。会社に行くの緊張します。

閑話休題、ちょうど4月からNHK深夜アニメで放送ということで、前から興味のあったピアノ漫画「ピアノの森」、5月の連休中にTSUTAYA で一気借りして読んでから思いっきりハマってます。確か前に「4月は君の嘘」のこともエントリに書いた記憶があるけれど、のだめカンタービレも読んだけど音楽漫画では「ピアノの森」が一番好きかな。結局全巻大人買いして、私の蔵書に入れるつもり。

10数年の連載をもって完結というモーニングに連載されていた漫画ですが、不遇な生い立ちからショパンコンクールに挑む主人公とその師である挫折した名ピアニストとの関係や、他のコンテスタントの生い立ちや心の動きがとても丁寧に追ってあって、読み応えもあるし最後の伏線の回収っぷりに感動します。軒並み漫画のAMAZON評価もほぼどの巻も満点に近い。ショパンコンクールなので、ショパンの曲がごっそり出てくるのだけど、その演奏の表現も緻密で思わず聴きたくなるぐらい。

学生の頃は高校3年生までピアノを習い、中高ではオケでフルートを吹いていて今はバイオリンを亀の歩みで5年弱習っていることもあり、クラシック実は大好きなのです。ただ指が柔らかくないこともあり、あまりショパンは集中して弾かせてもらえず「幻想即興曲」から「革命」の触りを練習しておしまい。あとはドビュッシーやらリストやらベートーベンのソナタやらの方向で弾いていたし、私個人もそういう曲が好きでショパンはあまり好んで聴かなかった。でも改めてこの漫画を読んで、出てくるショパンの曲を聴くようになり今までのショパン嫌いはなんだったの?というぐらい嵌まってます。エチュードの10-1と25-12(大洋)が本当に好きで、10-1はアルペジオが完全に無理なので「大洋」のこっそり譜読み開始。息子は「雨だれ」を弾けるので、弾いていたら必ずリクエスト。そしてスケルツォ3番とプレリュード28-24も追加して楽譜をダウンロードして待機中。最上級の難易度なのだけど曲を聴いて譜を見るだけでも楽しい~。

そしてこのタイミングで友人から誘ってもらったフジコ・ヘミングのコンサートが、まさにこの漫画のファイナルの舞台である「ショパンピアノ協奏曲1番」と「ラ・カンパネラ」だったりしたこともあり、久しぶりにフェスティバルホールで生オケ堪能してきました。席が前から5列目でピアノの手元が見える&スタインウェイのロゴが見えるというベストな席で、御年80歳の彼女がたまたま数日前の転倒の腕の痛みでなかなか指が回らないけれど、それを余りある情感でカバーするのは素晴らしかったです。席のせいもあるけどオケの「私のために弾いてくれています」サラウンド感も良かったなあ。

ああ、このままピアノも再開したいなあ。娘はたぶん続けないけれど息子のほうは大学受験が終わったらやはり続けたいみたいだしそれも密かに嬉しい。そしてアニメの「ピアノの森」はこれからショパン・コンクールに入るので見ごたえあります。アニメでは気鋭の若手ピアニストを登場人物ごとに登用していて、その登場人物の性格をうまく弾き分けていて演奏聴くだけで癒されます。個人的に好きな登場人物はクールなピアノを弾くパン・ウェイ。彼の生い立ちも明らかになり、これから登場回数がかなり増えて主人公やその師に深く関わっていくので楽しみ~。
【追記】第2期は2019年1月からショパンコンクール最後までやります。そして各登場人物に合わせて国籍も一緒の新進気鋭の若手ピアニストが、アニメで実際に演奏する曲目のショパンのアルバムも買ってしまいました。そしてモチーフが同じと言われている恩田陸の「蜜蜂と遠雷」も購入。楽しみつくしています。
スポンサーサイト

Posted on 2018/06/19 Tue. 00:58 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

酒井駒子のクリスマスプレゼント  

sakai

筑摩書房のツイッターをフォローしているのですが、ふと流れてきたツイートを見ると「酒井駒子『森のノート』クリスマスプレゼントキャンペーン。ハッシュタグをつけて酒井駒子さんの絵本との思い出なんかをつぶやいて応募してください」ってことで早速応募したら当選しました!サイン入り「森のノート」クリスマス装丁バージョン。嬉しい。実はこの表紙の熊のぬいぐるみを抱く女の子のジークレーを所有していて、キッチンの横の壁に架けている。この雰囲気、小さいころ熊のぬいぐるみをお世話していた娘の姿に重なるので大好きなのです。

酒井駒子さんの絵本は大好きで大好きで、かなりの数を今でも処分せずに持ち続けています。絵本以外に本の装丁の表紙によく絵を提供している実力派。子供たちと楽しんだのは「よるくま」小さい子供が小さい子熊とお母さんの帰りを待っているという内容で、子供たちも夜寝る前に読んでもらうのが大好きで、何回も何回も登場しました。そのほかにも「ビロードのうさぎ」や「ぼく、おかあさんのこと」やたくさん読んだなあ。。。

そして大人向けの「金曜日の砂糖ちゃん」の中の短編、子供が夜中に目覚めてこっそりお母さんの鏡でお化粧して、お母さんのキャミソールを着て外に出ると犬が引く幻想的な馬車が待っているという話。最後のくくりは「それきり帰ってこなかったのでした」とちょっと怖いのだけど幻想的な絵が添えられていて非現実的な美しさがあって大好きなのです。かなり思い入れのある作家さんです。

この本はクリスマスイブに合わせて届くということなので、楽しみです。確か酒井駒子さんの初エッセイの本のはず。現実的な時間の流れから少し逃避して楽しもうと思います。

Posted on 2017/12/16 Sat. 08:06 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

IKEAでがっつりまとめ買い  

ikea

娘が無事部活を引退しました。引退試合は私も観に行った。暑い中毎日朝練夕方、土日は夕方遅くまで試合というハードモードが解除されて、受験体制の夏だけど本人はゆっくり睡眠も取れて楽になったみたい。学校の通知表(内申)も塾の成績も申し分なしで母は楽させてもらっています。私がこの頃もそうだけど、女子はきちんと自分で計画立てて進めることができるのはありがたい。美味しいごはん作ってメンタルを安心させてあげることに注力します。

ということでやっと前々からリフォーム後の家具等を買いに行きたいというタイミングになり、娘とIKEAへ。それぞれのベッドや本棚やごみ箱、勉強机の椅子・照明までまとめ買いするのが目的。今までIKEAは何回は行ってるけど、だいたい小物周りが多くて大きいものを買うのは初めて。ちなみに息子は「何もかも一任するのでついていかなーい!」でした。そんなので大人になって家族サービスできるのか?いや高校生男子はそんなものなのか。。。

この前に一度私だけでIKEAには偵察に行き、今はWEBでも買えるようになっているのでサイズや雰囲気等買いたいものの目星をつけ、現地ではリアルな質感等のチェック等のみでばっさばっさと買い物。ベッドは私はマットレスを一番いいのにさせてもらいました。家系的に睡眠についてはまったく悩みがないのだけど、そろそろ体を労わらなきゃねえ。
そして今はどんなに大量に買っても配送費は配達区域だと3000円、組み立てがかなり労力を使うということで費用の2割と割高だけど組み立てサービスも入れて30万弱を超大人買いしました。久しぶりの大量の買い物。正直楽しみよりも疲れました。。。

ということで、8月頭には家具が搬入されて、メンテナンスに出していた実家に置いていたピアノ(私が習い事で使っていた)も戻ってきてリフォーム後の室内も一段落の予定です。それからは自分のメンテナンスにやっと移行ですね。やっとここまで来た~。

【断捨離記録】
・ヤフオク出品のち落札してもらったもの
 ネスカフェバリスタ新品・仮住まいの時に使っていたガスコンロ・洗濯機ドラムを固定するネジ。これでだいたい現時点でのヤフオク出品は最後かな。
・大型ごみ処分:暫定で使っている以前のマットレス・ピアノの古い椅子・息子の布団

Posted on 2017/07/30 Sun. 08:25 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

スケルトンリフォーム完成しました。  

reform

やっと、やっとリフォームが完成して引っ越してきました。仮住まいで出していた最低限のものを1日で詰め直し、引っ越し業者の方に朝早くから運んでもらってそれぞれの荷物をどの部屋のどの位置に入れるかわかりやすいように、箱や衣装ケースに入れる部屋を指示したテープを貼ったり。そして綺麗に出来上がった家はアッという間に段ボールだらけになりました。新しい家は細かいものの収納をすべてできるように収納棚をたくさん作っているのでそこにどしどし収納していき、結果棚もあまって余裕をもって収納完了。台所も実際料理に使うもので表に出るものはほとんどなし、作り付けの棚には空白を大切にしたディスプレイをというところまで、土日でやっと持っていきました。

何件もリフォーム対応しているだけあり、家事動線や風の抜け具合なんかもよく考えられていてとても快適です。その上華美ではないけどセンスのいいしつらい。友人の紹介だったのだけどここにお願いして本当に良かった。

あとは大きくなったロフトにすべて上げたままの私の蔵書とCD、いくつかの荷解きを1か月ぐらいかけてゆっくりしていけば完了。そして子供たちや私のベッド、テレビまわりのオーディオボード等を厳選して選んでいく予定です。まずは子供2人のLEDデスクライトと、私の部屋に吊るすペンダントライト購入。リビングからガラス越しに見える部屋なので、美しいニュアンスのある造形的な明かりがいいなと思って、レクリントの172Bにしました。本当はアーティチョークが思い入れがあって欲しかったけれど、さすがに100万弱は手が出ないというか、購入するのには現実的じゃないかな。この週末には実家のアップライトピアノが入って、オーダーカーテンが取り付けられます。楽しみ。

家でゆっくり自分の時間を過ごすことが好きな私にとって、自宅がセンス良く整うことは精神的にも大きな癒しになると思います。やっとここまできた感を感じつつ、家に帰ってくるのが本当に胸躍る状態。たぶんしばらくは。

写真はキッチンから見たリビング。右手には自然公園の緑が見える。台所にいる時間が長いから視線が緑やテレビ等に動かすことができて、居心地が良くて自分的にはこの場所にいることが一番落ち着く。また慣れていってもっと自分らしくしつらえていきたいなあと思います。

Posted on 2017/05/26 Fri. 15:26 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

アート活動再開  

adruf

立て続けに美術館へ行ってきました。もともと大好きなのだけど読書や映画やこういうものって、気持ちにゆとりがないと世界に入り込めないのでちょっと去年後半はなかなか足が向かなかった。体育会系現実的娘には珍しく美術作品が出展されているとのことで観に行って、隣でやっている行きたかった「アドルフ・ヴェルフリ展」へ。

アウトサイダー・アート(アール・ブリュット)の第1人者、一生を精神病院で過ごしながら、絵のみならず精力的に物語や韻を踏む文章のリズムを紡ぎだしていった人物。草間彌生を思わせる独特のモチーフの連続で埋め尽くされた絵画を見て回る。人は平日だったのでとても少なくて、静寂が支配する空間を久しぶりに満喫しました。ゆっくりと文章で埋め尽くされたノートを延々とめくっていくヴィデオの流れる小さなコーナーで、差し込む日の光で図録に載っている彼の一生を辿っているとその空間がひとつのインスタレーションみたいに思えてくる。幸せ。最後の部屋の「葬送行進曲」では、韻を踏んだ音の朗読が何とも言えない雰囲気を醸し出す。日常の中の非日常。

その後、ぶらりと海側の寒い風の吹きすさぶ中歩いてみると、ヤノベケンジの巨大な少女が水平線を眺めていた。不思議な感覚。

そして週末は国立国際美術館で見て衝撃を受けた「束芋」の新作が見られるということで京都へ。京都ど真ん中の烏丸にクラシックな重厚な建物があってそれが京都文化博物館として使われている。府の新進美術選抜展の招待作家としてクラシックな内装を作品の一部に取り込んで製作された大がかりなインスタレーション。相変わらず人の生理的な奥底の何かを引っ掻くような印象的な作品でした。決して「快」ではないけれど忘れられない刺激かな。

久しぶりに美術展、満喫の週末です。もう国立国際美術館で「ルーカス・クラーナハ」も始まっているし行くぞ~


Posted on 2017/01/29 Sun. 15:27 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。