仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

GW突入  

tgif

TGIFならぬ、ゴールデンウィーク突入前のTGITか。。。仕事もどうにかけりをつけて1時間ぐらいいつもの立ち飲み。あては牛すじの赤ワイン煮込み。いい具合にお酒が入ったのでついつい電車の中でほろほろ泣いてしまう。あ、座席がすべて進行方向に向いている電車なので周りの方に迷惑はかけてないと信じつつ。嵐が過ぎ去った今やっと悲しめるし、ここは我慢してはいけないんだろうなあと本能的に感じています。暖かくなり世の中が新緑に輝く頃になると「去年の今頃はこうだったのに・・」という思考にどうしてもなってしまう。心の傷の在り所を知る感覚です。

去年のGWは四国方面に旅行に行って、キャンプやカルストや高知の山奥で過ごしたけれど、今年はもちろん喪中で静かに過ごしたいのもあり特に予定を入れていません。友達が会いに来てくれたり日々の予定は入っているけれど比較的のんびり。さて、この時期に残りの片づけをやっつけてしまわねば。
・美術館系の図録・雑誌の整理
・本の再整理
・いらない家具の引き取り
リフォームを始めるために友人から紹介してもらった業者の方に連絡を取るとかも。

娘とは「ちはやふる」の映画を観るのと買い物の予約が入っていますが、息子はもちろんついて来ず。まあ、それが普通なんでしょうね。高校に進み息子の勉強している姿を見る時間が多くなった気がする。彼も彼で父親がいないから自分がしっかりしなきゃみたいな事を考えているのだろうな。

投資についてはまだまだ動かず。現在の感覚をつかむインデックス投資のポートフォリオを作ってみたり。ただ投資口座のMRFにいつでも対応できるようまとまった額の金額を動かしました。亀の歩みながら機会待ち。

Posted on 2016/04/29 Fri. 08:59 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

誰かにとっては必要なもの  

cartier

ヤフオクでこんな物が売れた備忘録。カルティエの宝飾品なし(中身は私が買って1週間で無くした)の外箱と保証書。2600円で落札されました。

手間暇かかるのが面倒なことより、まだ新しい使えるものをゴミ袋に放り込む方がストレスなので、実験的にいろいろ出品してきました。しかしまさに「意外なモノ」がニーズあるんだなあと。あと同時期に子供たちと遊んだ軟式バットも売れました。
モノを増やさず、あるモノはできるだけリユースして次の必要な人に譲るのは精神的満足に繋がる。そして夏に必要な自分の涼しい靴を買いました。

最近仕事が忙しくて、家に帰ってくるのが1週間に2,3日9時過ぎることがある。夜ごはんは朝に作るようになってからもう15年になるから子供たちで先に食べているのだけど、やっぱり今だからこそ夕飯の食卓ぐらいはいっしょに囲みたいです。ちなみに今日の夕飯は筍とイワシの梅しょうが煮、ツナとサラダ菜サラダ、ジャガイモと玉ねぎのお味噌汁。筍は朝採りをぬかで煮て茹でたものだから美味しかった。

あと、久しぶりに書評が良いので「羊と鋼の森」を買った。なかなか本の世界観に浸れる時間も気力もないのだけど、どこかで時間を作ってどっぷり読もう。

Posted on 2016/04/25 Mon. 20:24 [edit]

category: 節約

tb: --   cm: 0

音楽を楽しむこと  

FH

先週末に久しぶりに舞台を観に行きました。「バーン・ザ・フロア」。もうこちらで講演は9回目らしく固定ファンのような妙齢の女性たちがたくさん。多分客層は社交ダンスやっている人が多そうな気が。ダンスは「ピンヒールであれだけ踊ればカロリー3日分は消費するだろうな。。。」というダンス、でも人間の肉体の鍛えられた美しさが際立ってました。自分の体が自分のコントロール下で完璧に動くという経験は麻薬的に素晴らしいに違いない。懐かしい音楽もたくさん出てきて、自分がCDで持っていたどうしても気になったバラードを家で探し回ってやっと探し当てました。デズリー「LIFE」内の「Im kissing you」懐かしい。確かディカプリオの出てた「ロミオとジュリエット」の主題歌だった記憶あり。

そしてピアノ発表会も無事終了。息子も娘も躓いたけれど、演奏の情感に厚みが出ていて上手くなった。昔自分が弾いていた頃はいかにも華やかで指が回っているように聞こえる曲が好きで、例えばドビュッシーとかショパンでも幻想即興曲とか弾かせてもらっていたけれど、年月が経って今分かるのは「そういう曲よりゆっくりとした情景を感じさせる曲のほうが難しい」ということ。所詮アマチュアなので演奏技巧についてはいくらでもアラがあるし、楽しんで弾く、そして楽しんで聴くのにはゆっくりした曲もいいなあと思う次第です。

といいつつ、いろいろ上手い人たちの曲も聞かせてもらい、ベートーベンの「月光」の3楽章を聞いて楽譜買ってしまった。さて自分で練習するか将来息子か娘が弾いてくれるか。とりあえず保管というステイタスで置いておきます。

Posted on 2016/04/18 Mon. 14:30 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

音楽を続けること  



今週末は息子、娘ともピアノ発表会。なのでプレリハでした。グランドピアノに慣れてないからこのリハは重要です。ふたりともスーツやドレスは嫌らしく、小さい頃のように用意することもなくなってちょっと改まったぐらいの服装で出ます。

毎年出ているうちにふたりともプログラムの後ろのほうになりました。しかしまだ8年。凡人が細々と続けている状態で中級ぐらいかなあ。活発な娘より息子のほうが意外にもピアノを好きな様子で、ゲーム音楽やテレビでよく聞くピアノ曲(ビフォーアフターのテーマやニュースステーションのテーマ)をYoutubeで楽譜ごと引っ張ってきて弾いています。そしてそんな息子はショパンの「雨だれ」を弾くので練習を聞くだけで癒される。私もピアノをやっていたのだけど、発表会も派手でうるさい曲が多くて聞く分には情緒的な曲を繊細に弾いてくれるのがいいです。

こういう習い事は好きなのなら、一挙にうまくならなくてもいいから続けてほしい。。。というのが親の私の意向です。音楽と絵画は言葉以外の自分の感情をリリースする方法だとずっと思っていて、きっとその手段を操れることが大人になって自分を豊かにするし救うのではないかと大人になった私は思っています。

そんな私はバイオリン2年目。こちらも10年は練習しないと感情をうまく表現できないんだろうなあと、毎日ギコギコ亀の歩みで精進しています。サードポジションで苦戦中。

Posted on 2016/04/13 Wed. 01:14 [edit]

category: 子供たち

tb: --   cm: 0

時間ぐすり  


金曜日に飲んだクラシックなジンがボタニカルな風味が強くて美味しかった。ラベルも白鳥の首がシュールな感じで書いてある何とも言えないデザインでした。ただし度数40度。ほどほどが肝心。でもこれでマティーニ飲んでみたいなあ・・・。こちらのお酒のようです。評価かなり高い感じですね。
Sipsmith

手続きがとりあえず一段落して気が抜けたというのもあり、最近自分の精神状態が不安定なのを感じるのだけど、春になったという季節も関係あるのかなとも思います。子供たちの前では当然平穏を装っているのだけど、自分の気が付かない自分の心の奥でまったく予期せずに悲しみが溢れてくることが多くなった。一応心理学をやっていたので「喪の仕事」なんかもひととおり頭では分かっているのだけど頭で考えるのと当事者というのは違うよね。

時間ぐすりというように、ただひたすら自分の感情を風化するのを待つしかないというのもなかなか辛いものです。明けない夜はないことも頭では分かっているのですが。

Posted on 2016/04/11 Mon. 11:48 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

【インデックス投資】超初心者記録①  


投資カテゴリの記事がほとんどないのできちんと「超初心者の歩み」を記録しておこうと思います。

もともと「ある程度の金融資産をどう運用すればいいのか」と何年も思いつつ、面倒なのでそのまま放置というパターンでした。
投資より前に家の負債を繰り上げ返済したり、子供たちの保育園代が膨大にかかったりという感じでついつい後回しにしてきて今に至ります。そして現在、これから人生の三大出費の一つ「教育費」、そして自分の「老後資金」を考えたとき面倒とかなんとか言ってられない。。。こういう知識やいろいろなことを「知らない」ことこそリスクになるんだと痛切に感じる→それでは実践と学びにというのが現状の私です。

ある程度まとまった金融資産がそれなりにあるので、それをまずどのように振り分けるかというのを考え、半分は無リスク、そして半分はリスク有のインデックスで運用と考えています。まだポートフォリオをどのように設定するか試行錯誤中、そして同時に実際に少額で買ってみてその値動きにどのぐらい自分の精神力が耐えられるか実験中。この表は3日前ぐらいまでのものですが、あっという間にこの2、3日で僅かにマイナスになってしまいました。この動きに0を2つぐらい足した金額を想定して自分のタフネスを測っています。

面倒くさがりなのではやく「ほったらかし投資」に移行してしまいたいんですけどね。後インデックス投資以外にも、最寄りの毎日食料を調達するスーパーがイオンになったこともあってイオンの100株オーナーになるべく株価をじっくり追っています。常に3%オフというのは主婦にとっては非常に魅力的です。

Posted on 2016/04/08 Fri. 05:31 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

花見ワイン  

wine

同じ業界の仕事の長い友達と、阪神間で花見ワインの会。20台の頃から今まで子育て含めて家族ぐるみの付き合いなので、長いしいつ話しても刺激もあって面白いし大切な友人たちです。阪神間のこの駅も桜満開で花見で出てきた人でいっぱい。桜が植わっている道すがらオープンテラスのある店がたくさんあって、夫婦やカップルがたくさん夕暮れの桜を楽しんでいました。この夕暮れ間近の薄暮の桜っていいですよね。

もちろんうちのダンナも良く知っている友人たちで、表に出しすぎずでも労わってもらっているのが伝わってきて本当にありがたかった。毎回のことながら話もワインも進んで結局電車で間に合わずタクシー帰りに。とほほほ。
酒の肴カテゴリにも登録してるので、一応この日の料理を記録。ほとんど暖かい前菜と冷たい前菜、最後に肉を食らってデザートはパスという酒豪コース。雲丹のブリュレやらキッシュ、白アスパラガスとか。写真はオクラと何かのゼリー寄せです。もうサラリーマン人生もある程度見えてきて、もっぱら老後の話に。たぶん女性ばっかり生き残るからそうしたら近居して楽しもうという話で盛り上がりました。

そして開けた日曜日は少し寝坊して、息子は青チャートの宿題追い込み、娘が友人と「暗殺教室」観に行くということで私は午前中久しぶりのピラティス。2週間開くと骨盤まわりの筋肉がガチガチで気持ちよく伸ばせた。その後桜が咲き誇る遊歩道をこちらも久しぶりに花見ラン7㎞。帰ってきてツルツルの重曹風呂で半身浴してからまたクラッシュアイス入れた白ワイン飲んでます。充電の週末。

Posted on 2016/04/03 Sun. 16:31 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

手続きの一段落  

201604021135033d4.jpeg

3月31日の期末をもってダンナが亡くなった後のすべての手続きを終えました。肩の荷が下りた気持ちと同時になんとなく気が抜けた感じで4月を迎えています。去年は家族4人で愛でていた桜の季節が巡ってきました。

急な死去だったため、共働きだった私とダンナの間では、金融資産については私が管理していたのですが生保等の情報が全く共有されておらず、情報が白紙の段階からスタートです。文字通り悲しむ暇もなく葬儀の手配、四十九日の手配と平行して様々な手続きが押し寄せてきました。

まずは役所等への届け出、ダンナの扶養だった子供二人を私の扶養へ。カードの停止、公共料金の私への付け替え、ダンナ名義の金融資産の洗い出し、生保の手続きから遺族年金の手続き。銀行口座が凍結されるのですが、共働きで私のほうにも貯金があったため急な出費の葬儀代等で困ることはなかったのは不幸中の幸いでした。しかし夏休みの旅行のキャンセル等も発生、手配をダンナがしていたため旅行会社を調べるところからという煩雑な作業にめげそうになりながらも、数十万の金額が吹っ飛ぶのでどうにか探し当てたり。

そして相続関係。子供ふたりが未成年だった場合遺産分割に代理人を立てなければならず、その裁判所の申し立てと受理。配偶者である私と未成年の子供たちにすべての遺産は引き継がれるため、遺産分割でもめる等はまったくなくシンプルでした。しかし平成25年から相続の基礎控除額が大幅に減らされたためフツウの庶民であるうちの家についても、申告の対象になってしまいました。。。
そしてその前に自家用車の相続と夫婦で半分ずつ共有していた不動産の名義の変更。結局不動産登記は自分でやりました。そう、自分でできるのですね。法務局の方にその際に聞くと、「だいたい行政書士さんが7割で自分でやる人は2~3割かな」と。

そして相続についても、いろいろとネットや本で勉強して税理士を通さず自分でやってみようと思い立ち、フリーの相続申告書類作成ソフトを使って国税庁のHPで勉強しつつ申告書類を作成。細かい整合性をチェックして最終提出したのが3月31日でした。人生にこれをやる機会はそうそうはない、でもどのような成り立ちでこういう制度が成立するのかざっくりと理解したいという気持ちが強かったのです。揃える書類も膨大でいろいろ手間暇かかったのですが、理解ができてスッキリすると同時に今健在である自分の親の相続、そして自分が子供に相続させる場合にも役立つと思います。

これからは途中である遺品の整理を続けつつ、前々から検討していたリフォームを実施する予定です。悲しみは未だ癒えませんが前を向いて子供たちと歩いていきます。写真は家族で2年前に訪れた瀬戸内国際芸術祭、男木島での栗真由美のインスタレーション「記憶のボトル」。好きな作品です。

Posted on 2016/04/02 Sat. 12:02 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請