仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

親知らずが腫れる  

lego2

断捨離続行中。クリスマスセットだけしか残してなかったと思っていたLEGO、クリエイターズセットの車バージョンが残っていた。ヤフオクに出すのにデモ制作と娘と作ってみたら、ついつい面白くてがっつり1時間ぐらいやってました。このセットは6-99と書いてあったから、6歳以上大人でも楽しめるという意味だよね。基本パーツが多いほどクリエイティブというか、自分の自由に作れるイメージ。

一昨日ぐらいから、親知らずが疲れで腫れているなあと思っていると、あっという間に顎が痛くなり扁桃腺の左側のみ腫れあわてて耳鼻咽喉科へ。口があまり開かないとかこんなのは初めて。どうやら歯の腫れの細菌が喉や歯茎の周辺にも広がっているらしく、かなり強い抗生物質と痛み止めを処方されて、「これでも腫れと痛みが引かなかったら歯科へ」と言われる。いろいろ調べているともう少し進めば入院管理、下手すると菌が筋膜を通じて心臓や肺にまわって敗血症になるってすごく怖い。

まあ疲れが出てきているんだろうけれど、こんなに良い季節なのに体調悪くして週末家ごもりの状態です。とほほ。親知らずも放置してたけれど、こんなに怖いのなら抜いちゃったほうが良いのだろうなあ。。。
今日予定した仕事の立ち合い、パートナーを拝み倒してキャンセルさせてもらいました。そして断捨離、今日はテレビ下のDVD回りのいらないものと子供たちのおもちゃの使わないもの、台所の棚の中で使わないものを処分。ゴミ袋2つ分。コツコツ3巡ぐらいしたらスッキリ感が目に見えるかなあ。
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/21 Sat. 22:42 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

【ふるさと納税】ワンストップ特例の落とし穴  

log

現在息子氏絶賛中間試験中。対数って懐かしいな~(もう解けない)大きなダイニングに参考書とかノートとか広げている雰囲気がなぜか好き。

さて題名の「ふるさと納税」。去年からワンストップ特例制度で5か所までなら確定申告不要ということで喜んでやり始めました。たまたま今年は医療費もかさみ医療費還付の確定申告をして還付され「やれやれ・・・」と思っていたら、税務署からはらりと封書が。あわてて開けると「ふるさと納税ワンストップ特例制度の非該当について」

なんと確定申告するとそれと一緒にふるさと納税も申告しないとダメらしく、ワンストップでせっせと封書を返していたけれど無駄だった!非該当だとウン万ふるさと納税した金額がまったく還付されない!それは困るよ税務署さん~(´;ω;`)確定申告しなくていいということが楽そうだったけど、何回も封書でワンストップの申告書を戻すのも面倒だし、今年から本人確認のできる書面も送らなきゃいけないって手間も考えるとたぶん今年はふるさと納税は確定申告すると思います。
あわてて更正の書面をe-TAXで作成、書面取り揃えて税務署へ送りました。今年は本当に国税庁のHPにお世話になっています。

Posted on 2016/05/17 Tue. 11:34 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

断捨離記録  

kirazu

GWも終わり、通常に。相変わらず娘は部活のシーズンなので土日は大会に行くのに早朝に出ていきます。当然お弁当必ということで週末なのに寝坊もできない。まあ、でも早起きすると有効に時間を使えるからいいか。

今週に家に4台死蔵していたノートPCをソフマップに持ち込んで処分。単純に捨てられずに個人情報が入っているし。。。と、こういうモノの処分を先送りすることによっていかに大変になるかを日々痛感しています。ついついいつもは読まない勝間和代のエクストリーム断捨離本をkindleで買って読んでは、自分の断捨離邁進の気分を奮い立たせています。今日は本の再整理とブックオフに送る手配、ロフトの右側壁部分のいらないものの片づけ。勝間和代みたいに2週間でばっさばっさと8割捨てるほどの思い切りはさすがに無かったけれど、どうにか燃えないゴミ袋4つ・燃えるゴミ袋3つ出た。子供たちが小さいころの潮干狩りグッズや浮き輪、海用の靴からテント用品、保育園時代の絵など。大型ごみはチケットを買って引き取りの電話をしなければ。

気分的にも一周忌に向けてあまり活動的になることもなく、全貌が明らかになるにつれてけっこうリソースを食いそうなPTA仕事、そして今まで通り片づけに2か月ほどは集中して邁進する予定。たまに美味しいモノを食べて気分を変えているけど。

そして投資に関してはとりあえずそのまま。マネーフォワードで資産管理しつつ、イオンカードのポイントがマックスになる使い方等を習得するぐらいかな。またそのうちきちんとこのカテゴリの記事を書きます。

Posted on 2016/05/15 Sun. 08:33 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

母の日  

hahanohi

母の日。娘は当日にバスフレグランスのバラの花とペンを用意。それを見た息子は次の日にカーネーションをあわてて調達。時間差だけどそういう風に気にかけてくれるだけで嬉しいです。さあ、頑張って働こう。

そして本当に、本当にはじめてのことだったのだけど息子の誕生日の日が来ることを娘と確認していたのに、当日に「おめでとう」ということをすっかり忘れていました。2日後に気が付いて遅ればせながらケーキを買う。息子はちょっと不服そうなので「母の日も遅れたしね」と言うと「それとこれとは重さが違うわ~」と言われました。小さい頃は常に当日ケーキにろうそくだったけど、高校生になって少し気が緩んでいたかな。ごめんね。


Posted on 2016/05/11 Wed. 22:34 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

灌仏会  

hanamatsuri

新緑の風薫る日に灌仏会、もとい花祭りへ。朝早くから出て菩提寺に行き、ツツジの花が屋根一杯飾られたお釈迦さまに甘茶をかけて祈ります。そのままお墓参りをして里山のど真ん中にある牧場にできたレストランへ。田園風景が一望できる高台のテラスで、自家製チーズのマルゲリータと自家製ジェラードでお昼。あちらこちらに立派な田舎の家があって鯉のぼりがのんびり泳いでいる。いろいろな花が咲いていて風が気持ちいい本当に良い季節。

さて明日から通常の一週間へ。GWはのんびりできたようなできなかったような。まだまだ片づけがあるのですが、どうにかじりじりと進んでいる感じです。リフォーム会社へも連絡して、とりあえず地域的に対応は可能なようなので1周忌のあとに具体的に相談することにしています。

投資については現在株価の下がり待ち中...の間に勉強。「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読みはじめました。

Posted on 2016/05/08 Sun. 14:45 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 2

20年目の結婚記念日  

b

久しぶりに寄った行きつけのバーでショートカクテル。ブロンクスです。クラシックカクテルなのでいつものシンプルなグラスより少しデザインがシックかな。

月命日であり結婚記念日である日にお墓参りに行ってきました。好きなビールを供えて、耳で聴いて覚えてしまった息子がお経を読んでいい月命日だったと思います。家に戻って結婚式のアルバムを見る。この頃20年目を迎えることなくこんな風になるなんて微塵も思いもしなった笑顔、笑顔、笑顔の写真。悲しいものですね。まあ、たまにはゆっくり悲しむ日があるほうがいい。

新婚旅行先のイタリアで撮った写真、なかなか男前のダンナの1枚を抜き出して仏壇に持ってきました。

Posted on 2016/05/05 Thu. 17:48 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

久々の友人に再会  

yasai

GW中に娘中学のPTAと参観があり。いつもGW中日なんだけど、いつもここを休めないのでGW前半、後半で旅行を組んでいたんだよね。そして今回はPTAに選出されて、いろいろあってとある部の部長に就任してしまいました。ただ、内容が仕事に半分かぶる部分もあり、早速メンバーでグループウェア設定してスケジュール作成。ただ仕事と違ってWEBリテラシーがお母さんたちのレベルっていろいろなんだよなあ。でも、まあそこはフォローしながら1年間頑張ろう。

私を心配して連絡をくれた転勤族の妻である友人と実に15年ぶりぐらいに再会。グランフロントで待ち合わせたけどすごい人出でした。さすがGWだなあ。
一緒に独身時代は仕事をした間柄だったけれど今はふたりとも高校生中学生の母。人生の時計は早いです。東京で二人の娘を私立一貫に通わせ、バイオリンを習わせ、高級住宅地一軒家住む専業主婦という絵に描いたようなハイソなイメージなんだけど、彼女はお嬢さんでそれもいい意味で前向き、客観的な目を持つ頭の回転の速いお嬢さんだから話していて賑やかで楽しい。このあたりの資質って人って本当に変わらないものですね。彼女からも私らしさが変わらないねと言われたけど。

彼女を通じて彼女の大学時代の友人の今みたいな話を聞くと、また私の友人たちと違う風景が広がる。仕事を続けていても体がつらいから不動産をたくさん買って早期リタイアを目指しているとか、大学教授だとかなかなかゴージャス。そこで出てきた「実家が太い」という言葉。東京でのお金持ちはサラリーマンではなれなくて、自営、医者、弁護士という職業そして実家から相続する財産が大きなファクターになるとのこと。なるほど。世の中はなかなか不公平に構成されている。

でも人を羨むことなく、自分の人生を生きたいとも思いました。そういう家だって、他の人生と同じように幸せや不幸せのバイオリズムは等しくあるはずだしね。そして旧交をあたためて人生の後半戦を楽しく過ごしたいねと彼女と。また東京に行くときには会いたいです。

Posted on 2016/05/04 Wed. 07:27 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

新鮮な気持ち  

room

GWに突入したけれど、息子は登校、娘は部活大会でふたりとも早朝から不在。。。あっという間に子供って手を離れてしまうんだなあと寂しさも感じつつ、娘が中学生になってからの「自分だけの自由な時間」の出現を喜んでいます。お弁当だけ用意したらあとは夕方まで自由。いろいろやることはあるけれど、気分転換に観たかった映画を観てきました。いつものように小さな水筒に冷えたワインを入れて。決してアル中ではないですよ。少しお酒が入ったほうが感覚が開く気がして感情移入しやすいのでいつもの習慣です。

「ルーム」。高校生の時に誘拐され、犯人の自宅の納屋に監禁された高校生の女の子がそこで生まれた息子と過ごす「部屋」での毎日。そしてそこからその息子の機転によって助け出され、世の中に順応していくまでの家族を含む精神的な変化の過程を丁寧に追っています。事件そのものは日本でもあって、桐野夏生の「残虐記」だったかな...モチーフとして取り上げられたりしている。でも今回のこの映画で一番心に残るのは、その事件性や悲惨さより5歳まで天窓とテレビでしか外界を知ることができなかった子どもが、初めて世界に接するその新鮮さでした。普通に接している「世界」がいかに美しいものかが彼の目を通じて伝わってきて心が洗われました。

ところで映画館に行くと、娘ぐらいの女の子たちもたくさん来ていて、何かなと思ったらアニメの映画の封切の日だったのですね。単館映画館はザ、映画好きっぽい人か年配の人が多いから新鮮でした。

Posted on 2016/05/01 Sun. 09:26 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。