仕事しつつ子供ふたりを育てつつ、立ち飲みワインや好きなことも楽しむ日々のライフログ。            インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

仕事納め  

wine1229

仕事納め。年始はちょっと忙しくなりそうな感じだけどとにかく忘年会もほぼ終了でやっと落ち着けます。2日前から子供たちはダンナ実家へ行っているので、まったくの一人時間、自分のペースで過ごせる贅沢を満喫。そして無事にiPhone7plusにMNPできました。mineoに変えてから特に通話や接続にストレスもなくて快適。それより7plusのカメラ機能が凄くてびっくり。この写真は被写界深度エフェクトで撮った写真。一眼レフっぽい。あとはちょっと時間差で子供たちのスマホを年内に設定すれば終了です。

そして前に行った日経のセミナーでアンケートを出したら、「日経ヴェリタス」半年購読サービスが当たったとの連絡が。これは年始からこの方面を勉強しなさいという神様のお達しかもということで、アプリでも読めるよう早速設定しました。金額換算したら13000円ぐらいになるからけっこう大きなサービスだし、通勤電車の時間を使って読み込んで知識にしていこう。しかしこの「日経ヴェリタス」読者層がちょっと気になって調べてみたら、平均金融資産4300万と書いてある。このぐらいになると人は投資活動の方へ気持ちがスイッチングするのでしょうか。。。

明日はお風呂と台所の水回り掃除をさっさと済ませて、簡単にお節の準備を開始する予定です。子供たちに先ほど電話したら楽しそうで、お義母さんが「日頃物静かで穏やかな○○でもあんなに子供みたいに楽しそうに笑うんやね~」と嬉しそうに言っていた。楽しんでいるようだし従兄弟も1日までダンナ実家だから、このままお正月までいない可能性もあるなあ。まったく大掃除の戦力にならないけれど、子供たちもいろいろこの1年は気持ちに無理もしているからまあいいかな。お節もシンプルにしよう。

スポンサーサイト

Posted on 2016/12/29 Thu. 19:14 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

やってみることが大切  



ひとり立ち飲みのレバーパテ。久しぶりにのんびり飲みました。忘年会がちょこちょこあったり仕事がスッキリ終わらないのもあり忙しない気分。そんな中子供たちも学校はおしまい。娘は堂々の1学期に引き続いてオール5のパーフェクト、息子は高校生になって上がった成績をそのままキープしていてホッとしました。初めての模試の結果も一緒に返ってきていて、塾にも行ってないけれど自分でコツコツ課題をやっていた成果か、私が同じ時期にはE判定だった出身大学はA判定という立派さ。ぜひとも親を超えて欲しいですなあ。ダンナも喜んでいるに違いない。(ダンナと私は同じ大学出身)

そしてクリスマスイブ。だけど子供たちが小学生の時のように見つからないようにプレゼントを用意して、クリスマスツリーを飾って電飾をつけてという時期は過ぎ去りあっさりした感じ。クリスマスプレゼントも息子は「今は欲しいものないから誕生日プレゼントまでキャリーオーバー」だし、娘は「クリスマスに届かなくていいや。あとでAmazonで頼む~」だし。私は自分のプレゼントで早々に頼んでいた7plusが来たので、mineoに移行するための準備を着々と。娘は部活だし私は年賀状を仕上げてみたいな普段の日の延長っぽい。でも夜ぐらいはそれらしいディナーを用意すべく、ローストビーフとクリスマスのポテトサラダ、さつまいものクリームスープを仕込む予定。

大掃除もモノが減らしていく段階で部分部分に分けて掃除はしていたし、もうリフォームだしちょっと手抜きでいいかなと。窓拭きと台所、お風呂ぐらいかな。仲の良い従兄弟が東京から帰ってくるので子供たちは来週早々にはダンナ実家に行っちゃう予定で、その期間に私が一人で奮闘するのも考えるだけでやる気減退気味。そういえば、壊れて水漏れしてもう処分しようと思っていた食洗機、WEBで調べてみるとどうやらセンサー付近のヘドロを取り除けば復活と書いてあって、やったことないけれどネジを外して外側の鉄板を取り内部のポンプを洗ってみた。うまく取り付けが収まらず四苦八苦したけれどどうにか元通りに。そして運転すると見事に治りました。面倒がらずにひとつひとつやってみれば出来るものなのね。子供たちに良く言っている言葉だけど、私も自分で実践したことを自分でよくやったと褒めてあげたいです。食洗機がないのはかなり家族にとって負担になっていたので良かった良かった。

年賀状のひとこと書きも終わって投函も終わった。いつもよりバタバタしない年末になればいいのだけど。

Posted on 2016/12/24 Sat. 17:40 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

静かなクリスマス  


大きなクリスマスツリーを処分したので、今年は間に合わせというか他にあった小さいツリーを飾る。もう一つLEGOのツリーもあるのだけれど、これでも十分気分は出る。あとは中学からはサンタ代理になった母への「欲しいものメモ」を子供たちが入れるための、お手製の小さい頃からのクリスマス靴下を吊り下げる。今年も控えめに静かに。今年は娘がケーキを焼いてくれるというので楽しみ。

子供たちが小学生の頃は、毎年わからないところに用意したプレゼントを隠し、手紙を添えてぐっすり寝ている枕元にそっと包みを置きに行った。子供たちも来るサンタに手紙を書いたり、クッキーを用意したり。親子で会話するサンタの話題も含めて幸せな時間だったな。もちろんそういう時期を過ぎた今でも幸せな時間ではあるけれど。

私的には自分へのクリスマスプレゼントで早速到着したiPhone7Plusをチェック、事前に取ったMNP予約番号でまずは私の移行の申し込み。子供たちは未成年なので、私が申し込みIDが受理されてからマイページで家族追加という形で申し込む。現在トータル12,000円程度(子供たちはガラケーのため3台だけど安い)から、オールスマホ3台で8,000円ちょいになる予定。
その他は去年高熱が出て酷い目にあった娘のインフルエンザ予防接種、私は会社ですでに接種済みで確か家族には補助がでるはずだから調べてみよう。。。とコンタクトの受け取り。帰りにふたりで気になっていた家に近いインド料理にランチに入ってみたら、大盛況でチーズナンもカレーも味のブレなく美味しかったです。1か月に1回ぐらいは食べたいなあ。

という静かな週末。あと2週間で今年も終わり。去年の12月は何をしていたのかよく覚えていない。いろいろ煩雑な手続きをやっていてというのもあるからかな。来年は美術館に行ったり映画観たり、人と会ったり友達と笑ったりもともとのペースの活動的な日々に戻していきたいというのが抱負です。

※断捨離定期的記録
・ヤフオクで売れたもの:グッチのバンブートート・リサ・ラーソンの雑誌付録3つセット
・BOOKOFFに9回目の依頼。CDと最近ざざっと買ったミニマリスト本と要らない投資系HOWTO本
・ブランディアに買い取り依頼:エトロのウールスカーフ2つ・ケイトスペードのトート・セオリーのジャケット・マイケルコースのシャツ
・食洗器がセンサーの不具合で水が凄い勢いであふれて故障。こちらもリフォーム後にどうにかする予定で断捨離予定

Posted on 2016/12/17 Sat. 23:16 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

PTA運営所感  



PTA広報誌作成も大詰め。あと1週間後には校了なのでほぼほぼ終わった状態かなと思いつつ、今回PTAがっつり関わってみた感想など。

部長なので全体のスケジュール管理・誌面進行はがっちりと私が固めつつ、いろいろとボランティアの中学生母たちにやってもらったのだけど、基本サラリーマンの組織運営と変わらないなあと思います。今回フルタイムの私だからこそ、運営をやることで平日に集まる時間を減らせ家で私が作業できると踏んで立候補した部長、結果的にはオーライでした。月1部会は土曜日、ページごとにチームを分け、チームの班長を決めて連絡関係はグループウエアを通じて部員全員に共有するけれど、グループウェアが携帯で見れない人には班長は責任もって伝達という「仕組みづくり」をやりました。ページチェック等もその班長さんが取りまとめて私に報告という流れでかなりスムーズにいったかなと思います。

グループウエアにはサイボウズのフリーバージョン使いました。スケジューラーとトピック立て、ファイルのアップロードから写真の受け渡しまで大活躍!PTAに導入した事例が紹介されていたので恐る恐る使い始めましたが、トピックごとに時系列遡れて整理できるしLINEより使い勝手かなり良かったです。

ページ作成も「行事イベントの写真を撮り、それをレイアウトしてコメントを書く」という比較的やったことのない人でも楽しくできる仕事を割り振り。企画記事はネタを私が提案して部員の同意を取り作成、チェックは部員全員にもしてもらうという段取りで進めました。PTA会長と教頭先生には都度チェックをしてもらわなければならなかったのですが、PTA会長はメールでPDFを送って即チェックしていただいてスムーズだったのに、教頭先生が「紙で欲しい」の一点張り。PTAは基本労働の無償提供というボランティアなんだから、ITリテラシー的に初歩的なことに対応できないってのはどうにかして欲しい。

あとサラリーマンと違うところは、基本お母さんたちは「合理的に」動かないことを織り込み済みで「気持ちよく楽しく働いてもらうこと」を前提にしたところかな。広報誌のクオリティはほどほどの追求と設定しました。そうでなくても押しつけられ感満載の広報、毎回の出席は基本厳しくは取らず、一定期間であまり顔が見えないお母さんに部長の私が直電して「あまり非協力的なら本部に通報」をオブラートにくるみまくって説得。部会は和気あいあいで笑いがいっぱい&ついでに中学校の子供たちの情報交換の場になるよう気を配りました。結果今回は多少のグラデーションはあるけれどほとんどのお母さんが顔が見え、直近の部会では「広報になった時はお先真っ暗だったけど意外に楽しかった!」という声が聞けて良かったです。最後の部会はあまった部費を使って打ち上げ茶会の予定です。私も大変だったけれどいろいろと勉強になりました。

でもやっぱり平日休みと作業は減ったとはいえ、リソースかなり割いた。ダンナの一周忌少し前から走り続けだったので、ゆっくりしたいと思います。

Posted on 2016/12/12 Mon. 00:12 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

日経のセミナー行ってきた記録  



あっという間に旅行から1週間。写真は京都のあぶり餅。忙しい中紅葉の静かな写真をスマホで電車の中で見直すと、それで癒されるのが不思議です。

今週は無料の日経のセミナーに行ってきた。仕事の帰り際に行けるのもあり、今まで自学してきたいろいろな資産に関しての知識がどうなのかをおさらいといった感じで。ちょっと仕事が押して遅れていくとい大きな会議室は満員で、前のほうに座らされ勝間和代さんとかなりの至近距離に。前彼女の断捨離本を読んだ記事を書いたけれどいわゆる「カツマー」ではないニュートラルな状態で拝見。断捨離本でも書かれていたけれどスッキリと痩せて綺麗になられたような気がしました。女性対象のセミナーだったのだけど、2割ぐらいは男性で驚いた。。。

彼女の言うことはだいたい、「金持ち父さん」のセオリーを踏襲していて印象に残ったのは「自分の収入の数年後のベンチマークを持つこと」と「とにかく実行に移すこと」かな?そしてその後の日経編集委員のマネー担当の方のセミナーがお目当てだったので、資料を見つつおさらい。だいたい把握している感じで、確定拠出年金の出口戦略の資料が一番の収穫でした。なので私もあとは実行あるのみ。12月が過ぎれば少し時間の余裕ができるのでもう少し自学して実行に移します。

子供たちは期末試験が娘が終わり、息子が真っ最中。娘はもうすべて返却され本人も満足できる出来で、来週個人面談に行くけれど特には相談することはなさそうかな。。。私の同時期よりよほど計画的に勉強していて感心します。

Posted on 2016/12/09 Fri. 09:25 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

秋の満員電車的京都めぐり  

satoriryu1

秋の京都を満喫してきました。洛北のほうのリゾートにダメ元でリクエストを入れていたら、3日前にキャンセルが出た!この時期の京都はインバウンド需要も高まったこともありますます宿泊は取れなくて、「取れたら行こうね。親孝行しなきゃ」と母に通達していた一泊二日の旅でした。

宿泊も部屋露天風呂がついているグレードの高いところが取れて、温泉がそれ程好きではない母も何回も入って大喜び。部屋からは花札の月に山(茫)のモデルになった鷹峯のなだらかな紅葉した姿を愛でつつのお風呂。外気に裸で触れるのってストレス癒されるな。。。初日はホテルでゆっくりして、食事を楽しみいろいろな話をした。日頃近くには住んでいるのだけど、あらためていろいろおしゃべりする機会はやっぱり子供としても良い時間でした。

次の日は悟りの窓と迷いの窓で有名な「源光寺」へ。この時期は例年であればまだまだ紅葉が真っ盛りなのだけど、今年は進むのは早くて終盤8割といったところ。写真のように丸い窓は心が平穏で宇宙を模した悟りの窓、四角の格子のある窓は迷いの窓です。しかし人が凄まじくて、この写真を順番待ちで前で撮ってふりむいたら、後ろにカメラを構えた人が10人以上はいたという。1年前ぐらいの緑の時期に行ったときのほうが、人も少なくて静寂の雰囲気を楽しめたけど仕方ないですね。

母の体力を考えてほとんどタクシー移動で次は龍安寺。空が抜けるように青い良い天気で当然人は多いけれど、有名な石庭の前の回遊する庭での紅葉はまだまだ素晴らしくて、郊外住みで日常の紅葉には慣れている私も感嘆いたしました。ハイ。石庭は数度訪れているけれど、桜も紅葉以上に雨で平日でシーズン外している人の少ない時の早朝が一番あの世界観を堪能できるかなと思います。戻ってきて今宮神社で恒例あぶり餅を今回は「一文字屋和輔」で。1000年から続く一子相伝の超老舗。母はあまり好きではなかったみたいだけれどまあ、それも京都的楽しみの記憶としては十分かなと。

紅葉時期の京都は、関西の人としてはあまり近づかないのだけどそれでもやっぱり良かったです。年配の夫婦で訪れている人も多く、ダンナも京都が大好きだったことを思い出しちょっと悲しい気分になったけれど、また訪ねてまわろうと思います。

ryu3ryu2

Posted on 2016/12/04 Sun. 07:46 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請