仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

「ピアノの森」とショパンに嵌まる  

pianonomori
大阪の地震、ちょうど子供たちを送り出して1時間ぐらい経った後に家を出るときに遭遇。阪神大震災の記憶があっという間に蘇りました。駅に行くも電車が不通で結果自宅待機&在宅勤務に。子供たちもLINEや学校からのメールで安否確認が出来て、電車もちょうど夕方に動き出したこともあり家族揃って家で無事です。でも明日からの余震(本震)がかなり心配。勤務地にいる時に大きな揺れがあったら、耐震&高層で恐ろしく揺れるだろうしなあ。会社に行くの緊張します。

閑話休題、ちょうど4月からNHK深夜アニメで放送ということで、前から興味のあったピアノ漫画「ピアノの森」、5月の連休中にTSUTAYA で一気借りして読んでから思いっきりハマってます。確か前に「4月は君の嘘」のこともエントリに書いた記憶があるけれど、のだめカンタービレも読んだけど音楽漫画では「ピアノの森」が一番好きかな。結局全巻大人買いして、私の蔵書に入れるつもり。

10数年の連載をもって完結というモーニングに連載されていた漫画ですが、不遇な生い立ちからショパンコンクールに挑む主人公とその師である挫折した名ピアニストとの関係や、他のコンテスタントの生い立ちや心の動きがとても丁寧に追ってあって、読み応えもあるし最後の伏線の回収っぷりに感動します。軒並み漫画のAMAZON評価もほぼどの巻も満点に近い。ショパンコンクールなので、ショパンの曲がごっそり出てくるのだけど、その演奏の表現も緻密で思わず聴きたくなるぐらい。

学生の頃は高校3年生までピアノを習い、中高ではオケでフルートを吹いていて今はバイオリンを亀の歩みで5年弱習っていることもあり、クラシック実は大好きなのです。ただ指が柔らかくないこともあり、あまりショパンは集中して弾かせてもらえず「幻想即興曲」から「革命」の触りを練習しておしまい。あとはドビュッシーやらリストやらベートーベンのソナタやらの方向で弾いていたし、私個人もそういう曲が好きでショパンはあまり好んで聴かなかった。でも改めてこの漫画を読んで、出てくるショパンの曲を聴くようになり今までのショパン嫌いはなんだったの?というぐらい嵌まってます。エチュードの10-1と25-12(大洋)が本当に好きで、10-1はアルペジオが完全に無理なので「大洋」のこっそり譜読み開始。息子は「雨だれ」を弾けるので、弾いていたら必ずリクエスト。そしてスケルツォ3番とプレリュード28-24も追加して楽譜をダウンロードして待機中。最上級の難易度なのだけど曲を聴いて譜を見るだけでも楽しい~。

そしてこのタイミングで友人から誘ってもらったフジコ・ヘミングのコンサートが、まさにこの漫画のファイナルの舞台である「ショパンピアノ協奏曲1番」と「ラ・カンパネラ」だったりしたこともあり、久しぶりにフェスティバルホールで生オケ堪能してきました。席が前から5列目でピアノの手元が見える&スタインウェイのロゴが見えるというベストな席で、御年80歳の彼女がたまたま数日前の転倒の腕の痛みでなかなか指が回らないけれど、それを余りある情感でカバーするのは素晴らしかったです。席のせいもあるけどオケの「私のために弾いてくれています」サラウンド感も良かったなあ。

ああ、このままピアノも再開したいなあ。娘はたぶん続けないけれど息子のほうは大学受験が終わったらやはり続けたいみたいだしそれも密かに嬉しい。そしてアニメの「ピアノの森」はこれからショパン・コンクールに入るので見ごたえあります。アニメでは気鋭の若手ピアニストを登場人物ごとに登用していて、その登場人物の性格をうまく弾き分けていて演奏聴くだけで癒されます。個人的に好きな登場人物はクールなピアノを弾くパン・ウェイ。彼の生い立ちも明らかになり、これから登場回数がかなり増えて主人公やその師に深く関わっていくので楽しみ~。
【追記】第2期は2019年1月からショパンコンクール最後までやります。そして各登場人物に合わせて国籍も一緒の新進気鋭の若手ピアニストが、アニメで実際に演奏する曲目のショパンのアルバムも買ってしまいました。そしてモチーフが同じと言われている恩田陸の「蜜蜂と遠雷」も購入。楽しみつくしています。

Posted on 2018/06/19 Tue. 00:58 [edit]

category: 楽しみいろいろ

tb: --   cm: 0

高校生は忙しい  

今週に梅田TSUTAYAで「ジェーン・スー」の講演会&FP相談というよくわからないセミナーがあって、
申し込んで行く気満々だったのですが、その日は息子高3の最後の体育祭の日だった。。。ということで、
優先は体育祭。高3なので役員のひとりとして運営のすそ野に参画していたから、2週間ほど受験勉強をしている姿を見ていないけどしょうがないね。無事晴れて多分人生で最後に参加する体育祭を楽しみました。娘の学校は平日でほとんど親は来てなさそうだから、これで終わり。次行くときは孫の運動会かな。。。
ということで、息子は日曜だけど体育祭運営部の打ち上げへ。貸し切り食べ放題って、高3男子ばっかりの食べ放題、受ける店側は一番利益少なそう。晩御飯はいらないことに。

娘は娘で高校の部活の先輩の送別パーティということで、前日からチョコや抹茶やバナナのパウンドケーキを5本焼いて日曜昼から出かけていきました。高校生充実しているけど忙しいなあ~。

そして親の私は適当に食事が2人になったときは手を抜きつつ、「ご飯作る」+「学費等お金を払う」のみのフェイズになってきたなあとしみじみ思います。これで大学に二人とも入ったらもう合宿スタイルで、晩御飯も当番制にしたいです。
知り合いがツイッターで「子供が高校生になったら、親はお金を出して、ご飯を食べさせて朝起こすだけ」と学校からも塾からも言われるとつぶやいていたけど本当にそういう感じですね。
月末はマネーフォワードのセミナーに出席する予定。

Posted on 2018/06/11 Mon. 11:24 [edit]

category: 日々

tb: --   cm: 0

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請