仕事しつつ子供ふたりを育てつつ、立ち飲みワインや好きなことも楽しむ日々のライフログ。            インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

フェードインリタイアが希望  

teinen

金曜日は仕事の午後半休を取って娘の定期通院のお供。特に大きな病気ではないのだけれど、経過観察が必要なもので専門医のところに行かなければならず、娘と電車を決めて合流して遠方の病院まで行きます。会社を早めに出られたので待ち合わせの駅で時間つぶしの写真。白ワインとピンチョスのセットで1000円。最近こういう店が本当に増えてきたなあ。需要あるんですね。カジュアルなワイングラスはこの形が好きです。この後行った結果は「順調で問題ないので、次の経過観察は冬をとばして春」とのことでした。良かった。。。

そのお店でのんびりしていると、私の席のとなりに短パンのオジサンと白い涼し気な麻シャツのオジサンの二人組が。けっこうファッションもこなれていて洒脱な感じの二人が久しぶりに会う友人らしく大きな声で楽しそうに会話していて、ついついハシタナイと思いながら会話を聞くモードになってしまいました。どうやら白麻オジサンはつい最近定年退職したらしく、3か月ぐらい仕事に縛られない自由を満喫してきたのだけど飽きてきた。。。という話の流れから色々と「リタイアおじさんの本音」的な会話が展開。

白麻オジサンはリタイアしたけれど、奥さん(会話の中では関西の人が良く言う「嫁はん」)はパートを週3ぐらいに続けているようです。今後の生活についてどうやら奥さんが飲食店を開きたいということでダンナも巻き込まれている様子。3か月経ってやることがないことに飽きたダンナさんのほうも乗り気ながら、退職金で家のローンを返して飲食店を開くのに先立つものがないとか。そのことにリタイアの少し先輩らしい短パンオジサンが、「それは無謀というか大丈夫なのか?」みたいに諭している。いやいやリアル話で今後の自分の参考にもなりそうなので、何回も書くけれど耳ダンボ状態に。ゴメンナサイゴメンナサイ。

「リタイアまで家のローンは残っている」という話がけっこうふたりの間で前提になっていたから多いんだろうなあ。そのあたりの考え方や収入状況は人それぞれだと思うし、これが正しいとは断言はできない。私の場合家を買って繰り上げ返済を優先していたから、もうすでに抵当権を抹消して7年ぐらいになるしダンナが亡くなった時に団信も既に解除していた。まあ、でも人生でお金が必要になるタイミングを意識して計画してその波をうまく乗り越えなければ、リタイアした後が気楽になれないなあと。

あと、リタイアして急に自由な時間が出来たときの過ごし方も、突然カットインは難しいなあと改めて。もともとそういう思いがあって私もダンナもそれぞれの趣味に着手していて、子供たちが巣立ってリタイアした時にはその趣味は10年以上のキャリアありというのを目指していた。今日の洒脱オジサンたちも時間のあることに戸惑っている感がありありと感じられた。想像はしていたけどリアルな声を聞くと一層リタイア後の自分を想像しつつ、今ぐらいから準備しつつの滑らかに移行する「フェードインリタイア」がいいかなあと。

という訳で、有意義な時間待ちでした。働くことも嫌いではないので60歳前後でサラリーマンをリタイアした後も、何か別の働くことにフェードインできるよう今から考えないとね。
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/06 Sat. 07:45 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請