仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

毎日同じ服を着るおしゃれ  

「毎日同じ服はおしゃれ」が招く百貨店不況を読んでの感想。覚書。

確かにミニマリスト・シンプリストの方の生活を覗いていると、すべての持ち物に関してその思想が貫かれていてやはり、服も最小限でという話は良く聞きます。この「毎日同じ服を着るおしゃれ」という言葉の裏側には、それ自体がおしゃれという訳ではなくて、そういう思想が時代にアップデートされていて恰好がいいという意味になるとは思うのだけど。

私の20代は「バブル世代後期」で「モノを買う」ことが恰好良かった時代。それが身の丈に合わなくても自己表現としてモノを所有することが当たり前だった世代でした。個人的にはこういう流れは両極の間を行ったりきたりしながら繰り返すと思っているので、きっとこの反動がまた未来に来るんだと思います。だからバブル世代ジュニアが、親と同じモノを所有する喜びを覚える世代というのも納得だな。

私個人に関して言えば、もともと服はシンプル×色は黒・白・グレー・茶・紺×枚数少ないをこの20年ぐらいは通している感じです。子育てと仕事の両立で時間がほとんどなく、興味の優先順位として装うことは好きだけれどいわゆる「組み合わせを制服化」していました。そして娘を見れば同じような傾向。これは世代としてそうなのか、親の価値観を引き継ぐのかよく分からないけれど。
でも、バブル後期世代だなあと自分で思うのはアクセサリーと時計が多い。時計は趣味で、30代の時計、40代の時計とかなり高価なものを買ってきて今も満足して4本ぐらい日々使い廻しています。アクセサリーは何か、イベント的なものがあると自分だけの記念に購入していた。なのでそのアクセサリーを見るとその出来事を今でもありありと思い出します。シンプルでシックなラインのものを指輪とネックレスとかで対で持っている。なので今の現時点では断捨離は無理。。。

なので究極のミニマリストにはなかなかなれそうにはないですが、時間をかけてモノとは引き続き折り合いをつけていこうと思っています。

Posted on 2016/10/20 Thu. 15:23 [edit]

category: 節約

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。