仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

PTA運営所感  



PTA広報誌作成も大詰め。あと1週間後には校了なのでほぼほぼ終わった状態かなと思いつつ、今回PTAがっつり関わってみた感想など。

部長なので全体のスケジュール管理・誌面進行はがっちりと私が固めつつ、いろいろとボランティアの中学生母たちにやってもらったのだけど、基本サラリーマンの組織運営と変わらないなあと思います。今回フルタイムの私だからこそ、運営をやることで平日に集まる時間を減らせ家で私が作業できると踏んで立候補した部長、結果的にはオーライでした。月1部会は土曜日、ページごとにチームを分け、チームの班長を決めて連絡関係はグループウエアを通じて部員全員に共有するけれど、グループウェアが携帯で見れない人には班長は責任もって伝達という「仕組みづくり」をやりました。ページチェック等もその班長さんが取りまとめて私に報告という流れでかなりスムーズにいったかなと思います。

グループウエアにはサイボウズのフリーバージョン使いました。スケジューラーとトピック立て、ファイルのアップロードから写真の受け渡しまで大活躍!PTAに導入した事例が紹介されていたので恐る恐る使い始めましたが、トピックごとに時系列遡れて整理できるしLINEより使い勝手かなり良かったです。

ページ作成も「行事イベントの写真を撮り、それをレイアウトしてコメントを書く」という比較的やったことのない人でも楽しくできる仕事を割り振り。企画記事はネタを私が提案して部員の同意を取り作成、チェックは部員全員にもしてもらうという段取りで進めました。PTA会長と教頭先生には都度チェックをしてもらわなければならなかったのですが、PTA会長はメールでPDFを送って即チェックしていただいてスムーズだったのに、教頭先生が「紙で欲しい」の一点張り。PTAは基本労働の無償提供というボランティアなんだから、ITリテラシー的に初歩的なことに対応できないってのはどうにかして欲しい。

あとサラリーマンと違うところは、基本お母さんたちは「合理的に」動かないことを織り込み済みで「気持ちよく楽しく働いてもらうこと」を前提にしたところかな。広報誌のクオリティはほどほどの追求と設定しました。そうでなくても押しつけられ感満載の広報、毎回の出席は基本厳しくは取らず、一定期間であまり顔が見えないお母さんに部長の私が直電して「あまり非協力的なら本部に通報」をオブラートにくるみまくって説得。部会は和気あいあいで笑いがいっぱい&ついでに中学校の子供たちの情報交換の場になるよう気を配りました。結果今回は多少のグラデーションはあるけれどほとんどのお母さんが顔が見え、直近の部会では「広報になった時はお先真っ暗だったけど意外に楽しかった!」という声が聞けて良かったです。最後の部会はあまった部費を使って打ち上げ茶会の予定です。私も大変だったけれどいろいろと勉強になりました。

でもやっぱり平日休みと作業は減ったとはいえ、リソースかなり割いた。ダンナの一周忌少し前から走り続けだったので、ゆっくりしたいと思います。

Posted on 2016/12/12 Mon. 00:12 [edit]

category: 女の生き方

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請