仕事しつつ子供ふたりを育てつつ、立ち飲みワインや好きなことも楽しむ日々のライフログ。            インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

住宅ローン減税の恩恵を試算してみる  

cranach

兵庫県美と京都の束芋に引き続き、関西に巡回している「ルーカス・クラナッハ(の方が私にはしっくりきます)の展覧会にも行ってきました。平日金曜日の夜は8時過ぎまで開いているので。人も少なくて目玉の絵にも多くて5人、ちょっと待てば自分と絵のみのかぶりつきで楽しめた。こんな有名な展覧会でその状況は海外の美術館のようで嬉しいです。やはり写真の「正義の寓意」と思ったより小さな、でも妖艶さが匂いたつ「ヴィーナス」、その対となる「ルクレティア」が良かったかな。このルネサンス時代の豊満な裸婦とは違うエロスがピカソやデュッシャン、現代のアーティストまでいろいろな芸術家にインスピレーションを与えたその展示も一緒でした。

閑話休題、それではタイトルのお題を。これから持ち家マンションをスケルトンリフォームすることになり、いろいろとtodoを進めているのですがその中に「住宅ローン減税」をうまく使えるかどうかという件がありました。大規模なリフォームの場合はこの住宅ローン減税が使えるとのこと。今はまだまだ低金利でその減税1%を下回る金利で借りられるということもあって、果たして「得になるかどうか」を自分で試算してみました。仮に1000万円をイオン銀行の低率型当初10年固定金利0.59%で借りた場合を想定してみました。
※ただし、イオンのこの金利はこの4月までのキャンペーンで、イオンセレクトカードを持っておりその他いくつか条件が揃って適用できる金利です。

【ローンシミュレーション】年間返済:316,296円(月々26,358円)ボーナス払いなし35年
【利益】
・10年で住宅ローン減税が終わるのでその時点までの毎年減税額合計 855,550円
【持ち出し】
・当初諸経費 346,000円
・10年後の一括繰り上げ返済手数料  54,000円
・繰り上げ返済時の支払いを足したトータル返済額での利息  513,189円

利益ー持ち出し=-57,639    あれ、マイナスになってるやん。
ここにイオンセレクトクラブ加入になり買物5%引きになる特典もあるのだけど、オーナーズカードと併用不可、5年間有効で45万上限のため、5年間でマックス使っても42,000円プラスを入れたとしてもマイナス。。。。

結局あとはこれから始まる「住まい給付金」&1000万の現金を手元で10年持つメリットとを天秤にかけることになると思うのですが、さてどうしようという感じです。というかこれで合ってるのかな。でも手数料等は一定だからもっと金額が大きい借り入れだと十分利ザヤを取れるんだろうなあ。


スポンサーサイト

Posted on 2017/02/05 Sun. 23:14 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請