仕事しつつ子供ふたりを育てるcafeのライフログ。インデックス投資と断捨離シンプルライフに試行錯誤中

私学支援金助成にすべり込み  



あっという間に夏真っ盛り。毎日35度越えで昼も夜もエアコン必須の日々。やっと涼しいと思ったら台風やら連日の暴風雨やら、何だか日本の気候じゃないみたいですね。高校生ふたりも登校するのに、毎日声掛けは「水分取りなさい」と言うようになり、娘は部活には大きい水筒を持って行っても足りないくらいで、前個人面談に部活後に教室前で待ち合わせたら、まるで「雨に降られたの?」というくらい汗だくで現れました。健康的でいいけど、水分補給しないと危険だよなあ。。。

さて、昨日はらりと息子の学校から封書が届き、何かなと思ったら「私立高等学校等生徒授業料軽減補助制度」の案内でした。つい2か月ほど前に高校生ふたりの授業料補助申請をしたばかり。現在はどの自治体も年収目安で910万円までだとほぼ公立の授業料は負担してもらえるという制度。自治体によって違いはあるけれど、910万円までにもグラデーションがありそれによって補助してもらえる金額が違ってきます。ちなみに910万円まで年収目安の場合、ここはどの自治体も共通でふたりで年間236,000円。大きい~。世帯年収のバーなので、共働きの時は詳細も見ずあきらめていたはずだけど今はありがたい制度です。

それが終わった後なので何かなと思って封筒の中を検めてみると、どうやらその下のバーに該当するので追加して申請してとのことらしい。実際の補助金額決定は、年収目安とあるけれど厳密には「市町民税所得割額と県民税所得割額を合算した額」で決定されます。2か月前に申請したときは、あまり詳細確認せずに「下のバーは数千円でいかなかったな。。。惜しい」と思っていたけれど、もう一度職場から配布される「住民税の特別徴収税額の決定・変更通知書」を確認してみた。すると「市町民税所得割額と県民税所得割額を合算した額」で私がもともと計算していたのは均等割額を反映した金額だった!ということで正しく再計算するとバーを数百円下回った金額になり適用決定です。80,000円ぐらいの追加になりこれも大きい~。

おととし、去年は明らかに適応外だったけれど、今回はIDECO金額とふるさと納税の控除が大きかったかな。まあ、娘が児童手当を抜けてしまったのでその分±ちょっとマイナスって感じだけれど、すべり込みセーフの申請でした。このあたりの制度はきちんと見ておかないとですね。息子の学校の連絡がないとそのままだった。感謝です。

Posted on 2018/07/29 Sun. 08:11 [edit]

category: 投資・節税

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

PROFILE

NEW!

CALENDAR

CATEGORIES

COMMENT

ARCHIVES

SEARCH!

RSS

LINKS

ブロとも申請